変形性頸椎症【肩こり、首 背中の痛み、手のしびれ こわばり】

1987年に開院した当院‥ 
鍼・灸・マッサージの変わりに、
「骨をボキボキしない・痛く無い整体施術で
「安心・安全・根本から調整」をモットーに
変形性頸椎症で、お悩みの方々を施術してきました。

あなたも変形性頸椎症でお悩みならば、
変形性頸椎症の説明と、当院の施術方針について書きましたので是非お読み下さい。

変形性頸椎症とは

keitui3変形性頸椎症の症状としては、肩こり、首や背中の持続的な痛み、首の可動域制限などがあげられます。
神経が圧迫されると、手のしびれやこわばり、脱力感、疲労感、歩行障害なども起こります。
また、肩や首の痛みによって筋肉の緊張状態が続くことから、頭痛や吐き気などの症状が出る場合もあります。

安静にしていると症状が和らぐこともありますが、長い時間にわたって同じ姿勢をとっていると症状が悪化することも特徴的です。
生まれつき脊柱管が狭くなっている人、激しいスポーツをしたことのある人、首を動かす頻度の高い仕事をしてきた人には特に発症しやすい病気です。

変形性頸椎症の原因

keitui2変形性頸椎症の大きな原因は、加齢による頸椎の変形です。
頸椎、いわゆる首は7個の脊椎から成り立っており、それぞれの脊椎は椎間板と椎間関節によってしっかりとつながっています。

しかし、年齢に伴って椎間板の弾力性が減少したり、連結部分がぐらついたりしてきます。
その結果、椎間板の周囲に骨棘と呼ばれる骨の出っ張りができてしまいます。
骨棘によって脊椎がつながってしまい、動かなくなるケースもあります。

一方、椎間関節もすり減るなどの変化が生じます。
これらの頸椎の変形は、年齢によって強くなります。
診断は、エックス線検査によって行われます。
痛みやしびれがひどい場合には、MRI検査を行う場合もあります。
参照:【Doctors  me】 ホームページ
このページの先頭へ